お知らせHarushika News

2017.03.02
The Shoin Concert on May 3rd ~響き~

津軽三味線:久保比呂誌 チェロ:大町たけし

第1部 開場10時15分 開演11時 終演12時予定

第2部 開場13時15分 開演14時 終演15時予定

入場料 ¥3000 (ワンドリンク付き)

事前お申込み・自由席・当日払い

昨年好評だった津軽三味線とチェロの共演。あの感動のステージが蘇ります。

新緑の書院で、東洋と西洋の弦がダイナミックに優しく語りかけるように響きます。

ハガキ縦

<お申込み先>

重要文化財 今西家書院 ℡ 0742-23-2256・✉shoin@harushika.com

お電話・メールでまずご予約お願いします。

第1部か第2部・住所・お名前・ご連絡先・人数をお聞かせください。

当日受付にて入場料お一人3000円を頂戴いたします。

ワンドリンクを別室でお召し上がり後、書院の間で公演(全席椅子席)

お席は自由席・第1部と第2部入替制です。

皆様のお越しをお待ちいたしております。


2017.02.07
今西家書院 4月公演のお知らせ

平成29年4月1日(土)能管とチェンバロの音楽会  ~櫻のしらべ~

  〈能管〉野中 久美子  〈チェンバロ〉澤 朱里

《午前の部》開場 10 時半 開演 11 時  (12 時 15 分終了予定)

《午後の部》開場 14 時半 開演 15 時 (16 時 15 分終了予定)

《参加費》予約 ¥3,000  当日 ¥3,500(ウェルカムドリンク付き)

今西家書院が建てられた室町時代から吹かれていた能管

室町時代と重なるルネサンスの時代から盛んに演奏されたチェンバロ

日本に生まれた能管、そしてヨーロッパで奏でられたチェンバロ

生まれは異なれども、活躍した時代の背景には共通する面もあります

ゆったりと優雅に、そして弾む心で響きと戯れて

春のひと時を思い思いに楽しんで頂けますようにお待ちいたしております

《お申込み・お問合せ先》

【風 迢 舎】 Tel&Fax:075-951-2115  e-mail:echo@fuu-chou-sha.jp

【今西家書院】奈良市福智院町 24- 3

Tel:0742-23-2256(10:00-16:00 / 月休)e-mail:shoin@harushika.com

野中 久美子(NONAKA, Kumiko)能管 

京都市生まれ。1986年、国際基督教大学(ICU)教養学部卒業。能管を松田弘之(能

楽笛方森田流)に師事。独奏のほか、世界の様々な楽器や舞、朗読との共演も行う。

富士山五合目、屋久島縄文杉、下鴨神社糺の森、高野山刈萱堂などの野外での演奏や

神社寺院での奉納演奏も数多い。アジア・ヨーロッパ諸国へも度々演奏に訪れる。近

年は、能管がもつ感覚性や情動性、力感から生れる新しい創作曲の発表を行う。『風

迢舎』主宰。2015年に開催されたミラノ万博では日本館で行った風迢舎コンサートが

好評を博した。

公式HP http://fuu-chou-sha.jp      公式Facebook「野中久美子 風迢舎」

澤 朱里(SAWA, Akari)チェンバロ

京都生まれ。同志社女子大学音楽学科卒業。音楽学、音楽美学専攻。卒業後にオラト

リオ作品への関心からチェンバロに転向。チェンバロを河野まり子、大塚直哉、家喜

美子の各氏に師事。また国内外の古楽奏者よりソロ、アンサブル共に多くのレッスン

を受ける。イタリアにてオルガンアカデミーに参加。トスカーナ地方の歴史的オルガ

ンを巡る。オルガンをU.ピネスキ氏に師事。現在、美術館、寺院、教会など様々な

シーンで演奏。バロック音楽のみならず民族音楽のミュージシャンとのセッション、

レコーディングに参加。2014年バロック ヴァイオリンとのユニット「わぁるど ば

ろっきー」を結成。世界各地の音楽を即興的な独自サウンドで演奏、ライヴ活動を展

開。京都市内にて定期ライヴ「Rabbit Live」をプロデュース。各地でソロ、通奏低音

奏者として演奏活動を行う。

澤 朱里HP https://sawakari.jimdo.com/  公式Facebookはチェンバロ奏者澤 朱里

%e6%ab%bb%e3%81%ae%e3%81%97%e3%82%89%e3%81%b9%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a1%a8


2017.01.31
2月4日酒蔵SHOP営業時間について

2017年2月4日(土)は、弊社 社内行事の為、
酒蔵SHOPの営業時間を AM11:00~PM5:15 とさせて頂きます。

何卒、よろしくお願い致します。


2017.01.30
春鹿試飲会情報 一覧 更新!

春 鹿 の 試 飲 会 情 報 更 新

以下の日程で「百貨店試飲販売会」を行います。
試飲をして、お好みのお酒をお買い求め頂けます。

お近くにお越しの際は、是非、お立ち寄り下さい。
日時/平成29年 2月 8日~ 2月14日 札幌三越(北海道)
日時/平成29年 2月 9日~ 2月15日 京急百貨店(神奈川県)
日時/平成29年 3月 1日~ 3月 7日 阪神百貨店 梅田本店(大阪府)
日時/平成29年 3月30日~ 4月 5日 東武百貨店 池袋店(東京都)

<お知らせ>
記載しておりました、大丸 東京店(東京都)の試飲販売は
都合により開催中止となりました。申し訳ございません。

 

 


2017.01.30
酒蔵SHOP きき酒のご案内

http://www.harushika.com/fs/harushika/c/kurashop/

お一人様500円(税込)で春鹿オリジナルグラスを購入いただくと5種類のお酒を試飲していただけます。試飲後、グラスは持ち帰っていただけます。お酒とグラスは、季節によって変わります。

■営業時間/AM8:15~PM17:15
■お休み/お盆、年末年始+社内行事2日(年間11日前後お休みを頂戴致します)
■駐車場/5台(運転をされる方は、きき酒をご遠慮下さい)

 

酒蔵では、底に鹿が彫られてある手作りのオリジナルグラス(500円)をお買い求めいただくと、5種類のきき酒がお楽しみいただけます。お一人でも大勢でお越しになられても、必ず社員が一人付いてご説明しています。同じ酒蔵でも色んな酒の味があるのだとわかっていただけたら嬉しいですね。
最近の奈良は、大人の修学旅行の地という風に言われています。修学旅行で来られた方が、再び奈良にお越しになられます。奈良町にある春鹿の酒蔵では、お盆と年末年始等以外、お店を開けております。普段は季節限定酒等のきき酒が出来ますし、2月の土・日曜日には酒蔵見学(要予約)、9月には酒蔵まつりを行なっております。
京都でも大阪でも味わえないゆっくりと時間が過ぎる奈良の町並みやお店を楽しんで、お帰りいただけるようにと心がけています。

※酒蔵にてイベント開催致します際には、きき酒が出来ない日程もございます。
※詳細に関しましては、お電話(0742-23-2255)、FAX(0742-27-3585)、メール(info@harushika.com)までお問合せ下さい。
※お電話でのお問合せは、平日(月~金)8:15~17:15です。

Business hours: 8:15 – 17:15
* Tasting: JPY 500 per person, available during business hours.
Factory tour: February, Saturdays and Sundays afternoon only.
JPY 500 per person (reservation required, min. 2 persons, max. 50 persons per day)
S.IMANISHI Co.,Ltd.  Address: 24-1 Fukuchi-in cho, Nara
TEL: 0742-23-2255

shop_tasting

以下、奈良市ブランド推進課ホームページ『ならじかん』で、ご紹介頂いています。

■日本語~Japanese~
http://www.narajikan.jp/interview/sake/sake01/
http://www.narajikan.jp/shoplist/sake/

■英語~English~
http://www.narajikan.jp/en/interview/sake/sake01/
http://www.narajikan.jp/en/shoplist/sake/

■中国語~Chinese~
http://www.narajikan.jp/cn/interview/sake/sake01/
http://www.narajikan.jp/cn/shoplist/sake/

■韓国語~Korean~
http://www.narajikan.jp/kr/interview/sake/sake01/
http://www.narajikan.jp/kr/shoplist/sake/

■フランス語~French~
http://www.narajikan.jp/fr/interview/sake/sake01/
http://www.narajikan.jp/fr/shoplist/sake/

 


2017.01.27
春鹿 試飲販売会 ありがとうございました。

春鹿が百貨店様で試飲販売会を開催致しました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
今後の予定は、春鹿試飲会情報一覧にて
更新しております。皆様のお越しを心よりお待ちしております。
https://harushika.wordpress.com/

日時/平成28年 1月28日~ 2月 3日 東急百貨店 たまプラーザ店(神奈川県)
日時/平成28年 2月10日~ 2月16日 札幌三越(北海道)
日時/平成28年 2月11日~ 2月17日 京急百貨店(神奈川県)
日時/平成28年 2月24日~ 3月 1日 阪神百貨店 梅田本店(大阪府)
日時/平成28年 2月24日~ 3月 1日 町田小田急(東京都)
日時/平成28年 3月 9日~ 3月15日 オーソリティ小田急新宿本店(東京都)
日時/平成28年 3月16日~ 3月22日 大丸 東京店(東京都)
日時/平成28年 3月19日~ 3月21日 西武百貨店 船橋店(千葉県)
日時/平成28年 3月22日~ 3月28日 そごう 西神店(兵庫県)
日時/平成28年 4月16日~ 4月17日 西武百貨店 高槻店(大阪府)
日時/平成28年 4月13日~ 4月19日  高島屋 新宿店(東京都)
日時/平成28年 4月14日~ 4月20日 東急百貨店 吉祥寺店(東京都)
日時/平成28年 5月 3日~ 5月 9日 そごう 大宮店(埼玉県)
日時/平成28年 5月13日~5月15日 マルイ 国分寺店(東京都)
日時/平成28年 5月18日~ 5月24日  高島屋 日本橋店(東京都)
日時/平成28年 5月24日~ 5月30日 そごう 千葉店(千葉県)
日時/平成28年 5月31日~ 6月 6日 そごう 横浜店(神奈川県)
日時/平成28年 7月 6日~7月12日 近鉄百貨店 奈良店(奈良県)
日時/平成28年 7月13日~7月19日 近鉄百貨店 上本町店(大阪府)
日時/平成28年 7月20日~7月26日 札幌三越(北海道)
日時/平成28年 7月21日~7月27日 船橋東武(千葉県)
日時/平成28年 7月27日~8月 2日 高島屋 大阪店(大阪府)
日時/平成28年 8月31日~9月 6日 小田急百貨店ハルク(東京都)
日時/平成28年 9月 7日~ 9月13日 小田急百貨店 町田店(東京都)
日時/平成28年 9月21日~ 9月27日 高島屋 京都店(京都府)
日時/平成28年10月 5日~10月11日 大丸 東京店(東京都)
日時/平成28年10月13日~10月19日 東急百貨店 吉祥寺店(東京都)
日時/平成28年10月14日~10月16日 伊勢丹 相模原店(神奈川県)
日時/平成28年11月30日~12月 6日 近鉄百貨店 奈良店(奈良県)
日時/平成28年12月 7日~12月13日 近鉄百貨店 橿原店(奈良県)
日時/平成28年12月21日~12月25日 近鉄百貨店 上本町店(大阪府)
日時/平成28年12月27日~12月31日 八尾西武(大阪府)
日時/平成28年12月26日~12月31日 阪神百貨店 西宮店(兵庫県)
日時/平成28年12月29日~12月31日 西武百貨店 船橋店(千葉県)
日時/平成29年 1月 3日~ 1月 9日 そごう 横浜店(神奈川県)
日時/平成29年 1月12日~ 1月18日 東急百貨店 たまプラーザ店(神奈川県)


2017.01.24
飛鳥II 春鹿搭載が決まりました。

「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」総合部門・日本船部門において
24回連続1位を獲得している 日本最大のクルーズ客船「飛鳥II」に
春鹿 『純米超辛口』、『発泡純米酒ときめき』の搭載(1月23日より)が決まりました。

shipass


2016.12.22
今西家書院より年末のご挨拶

一陽来復(いちようらいふく)

昨日は冬至、太陽の南中高度が最も低く、日照時間が最も短い日です。
冬至のことを一陽来復とも言います。
「一陽来復」は中国の「易経」に出てくる言葉。中国の昔の暦では10月はすべて陰の気で覆われ、11月になると陽の気が復活し、冬至を境に長くなっていくとされています。つまり冬至は“陰極まれば陽に転ずる”の節目の日!春の到来や凶事が去って吉事がふたたびもどって来る無病息災を祈る意味合いもあります。冬至が来たら「さあ、これからは良いことがどんどんやって来るぞ」と気持ちを切り替えていきたいものです。

IMG_3324.JPG

とはいえ、太陽の力が一番弱い時期が人間界では一番忙しい時期。柚子湯に入り、風邪をひかないよう融通が利くようにと、心と身体を労わりながら慌ただしい年の瀬をご無事にお過ごしください。

本年も大勢のお客様にお越し頂き、誠に有難うございました。2017年1月10日より開館いたします。心落ち着く空間造りに努めてまいりますので、来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

お健やかに良き新年をお迎えください。           御礼まで。


2016.12.22
今西家書院定期演奏会『いのり其の六』を終えて

雅楽では季節にふさわしい音の調子があり、春は双調、夏は黄鐘(おうしき)調、秋は平調、冬は盤渉(ばんしき)調とされています。さらに古代中国の世界観である「陰陽五行(いんようごぎょう)」のそれぞれの季節に対応する方角、音、色などを合わせると冬は盤渉調 北方 水音 黒色となります。

雲龍さんの香具之笛による「音寿(おとほぎ)」で森羅万象すべてにこの日を感謝し、田島和枝さんの笙による「盤渉調調子」で場を調え、会が始まりました。

雲龍さんは一曲ごとに笛を変えて、6つの笛の世界を表現されました。

田島さんは、笙の倍の長さがあり、1オクターブ音の低い竽(う)という正倉院復元楽器の奏者でもあります。笙と竽は約3000年前から中国・アジアで演奏され、仏教伝来とともに日本に渡ってきました。以来、楽器の構造、演奏法はずっと当時のままだそうです。

田島さんの竽とイ ンディアン・フルートをベースに、300年前の日本の煤竹で作られた雲龍さんの蜻蛉之笛との合奏「滄海(うみ)」。柔らかな低い音色は広大で深い海を連想させました。1200年以上の歴史をもつ雅楽。日常馴染みのない音色ですが、耳にすると心安らぐ懐かしさを憶えました。

大地や海、空にも届くような清らかな響きで会場がしっとりと 包まれました。

 

来年度からは原点に戻り、会食なし演奏のみの会になります。ゆったりとお楽しみください。

『いのり 其の七』は2017年12月3日(日)開演予定です。来年もどうぞ宜しくお願い致します。

 


2016.12.09
年末年始休業のお知らせ

春鹿では、年末年始、
酒蔵SHOP、オンラインショップ発送業務をお休みさせて頂きます。

《酒蔵SHOP休業日程》
2016年12月31日 ~ 2017年1月4日 まで休業です。
新年は、2017年1月5日~営業いたしております。
※ご注意※
店頭での受付によります、年内発送のお荷物に関しましては、
2016年12月26日17:00締切です。ご注意下さい。

《オンラインショップ発送業務について》
オンラインショップでの2016年 年内の発送業務は
2016年12月26日 12:00締切 → 年内発送最終です。

2016年12月25日12:00~2016年1月6日 お申込み分は
1月7日以降随時発送いたします。ご注意下さい。